Nexus7 (2013) Amzon.co.jp より商品発送の連絡メールが届いていました。発売日当日にゲットです。

0
     
    昨日、Amazon.co.jpでNexus7(2013)の予約をしておいたところ
    本日(8/27)18時01分に、商品発送の連絡メールが届いていました。

    今日一日買おうかどうしようか悩むつもりでいましたが、会社から
    帰宅してメールを見ると、悩むことなく結果が出ていました。

    そんなに早く予約を入れたということも無かったと思うのですが、
    発売当日に入手できるとはラッキーです。
    やっぱり価格を見て購入を控えた方が多かったのでしょうか。

    ということで、明日の到着を楽しみに待ちます。










    Nexus7 (2013) Amazon.co.jpで予約が始まっていたので、とりあえずポチっておきました。

    0
       
      新Nexus7(2013)日本でも発売日が発表されましたね。
      16GBモデルで27,800円と残念な価格設定ですがどうすることもできません。
      Google Playでは8月28日から購入できるそうです。
      一般の家電量販店では本日の13:30から予約が開始されたようです。

      既に、iPad 2台、iPad mini 1台、Nexus7 1台がある中でもう1台Nexus7を
      買って何に使うかも決まらないままAmazon.co.jpで予約ページを見つけて
      しまい、ついポチってしまいました。
      Amazonだったら後からでも簡単にキャンセルできますので、まあ、いっか、と。
      明日キャンセルかなぁ。

      BoseのSoundLink Miniもほしいんですよね。
      こまった。









      新しい Google Nexus7 の発売情報は http://www.google.co.jp/nexus/7/ にアドレス登録を

      0
        新しいNexus7の発売ありましたね。
        順当に性能アップされていました。日本発売は残念ながら発表と同時ではありませんでしたが近いうちに購入できそうということでまずは良いかと。

        軽くなっているということで、非常に惹かれます。
        iPad miniを手にした時に感じた、軽いってこんなに大事なんだ!という思いが味わえるのかどうか。

        16GBが229US$ということで、日本円でいくらになるのかもちょっと気になります。19,800円だったら即買してしまうかもしれません。(笑)

        OS:Android 4.3
        CPU:Qualcomm Snapdragon S4 Proプロセッサ (1.5GHz)
        ディスプレイ:1920 ☓ 1200
        メモリ:2GB
        前面1.2Mピクセル
        背面5Mピクセルカメラ
        無線充電対応
        NFC対応
        microUSB Slim Port対応、HDMI出力対応
        ステレオスピーカー
        など

        いいですね。







        7月24日に米国・サンフランシスコでGoogleがプレスイベントを開催。新型Nexus7の発表+即販売だったらどうしよう。

        0
           
          5月15〜17日に行われたGoogle I/Oでは発表されなかった新型Nexus7ですが、遂に発表のようです。
          7月24日Android担当幹部主宰による朝食会の案内が出ています。この朝食会で新しいAndroidのバージョンと新しいNexus7の発表があるようです。
          現時点で噂されている新Nexus7の価格は、

          16GBモデルが229ドル(約2万2700円)
          32GBモデルが269ドル(約2万6700円)

          スペックは、

          ディスプレイ:7インチ
          プロセッサ:Snapdragon S4 Pro APQ8064
          メモリー:4GB RAM
          背面カメラ:500万画素
          前面カメラ:120万画素

          内蔵スピーカー:2つ
          OSバージョン:Android 4.3
          外部映像出力:Slim port(1080p)
          ワイヤレス充電
           
          などです。
          これでRetinaディスプレイでバッテリーも長持ちだったりすると即買してしまいそう。
          でも、日本は後回しですから、10月説が復活してきたiPad miniを待っても良いかも。







          Amazon.co.jp:日本版 Androidアプリストアがオープンしました。日替りで人気の有料アプリが無料でダウンロードできます。

          0

            日本でのKindel Fire HDの販売開始に先立ち、Amazon.co.jpで、Androidアプリストアがオープンしました。

            「Androidアプリストア」へは、amazon.co.jpサイトの左上「カテゴリー」からどうぞ。

            このAndroidアプリストアですが、Kindle Fire専用というわけではなく、Android端末であれば他の機種でもアクセスでき、そのままアプリをダウンロードして使えるようです。
            但しGoogle Playのアプリではないため、OSの「設定」の「セキュリティ」より、提供元不明のアプリのインストールを許可しておく必要があります。

            私も早速Nexsus7でアクセスし、本日の無料アプリ、「OfficeSuite Professional 6」と「おさわり探偵 なめこ栽培キット」をいただきました。
            Apple iTunes AppStoreでも毎週、有料アプリを無料で提供してくれますが、こちらは毎日ということですので嬉しい反面気が抜けません。気づいたら欲しかったアプリが昨日配信されてた、なんてことになると残念感が残ってしまいます。と思いつつ、毎日毎日新しい有料の優良アプリを無料で提供するのは難しいとおもわれますので、暫くすると、以前も無料になっていたものがまた無料になっている、ということになるのかもしれません。

            いずれにしても、活気づいてくるのはいいことだと思います。
            これからの無料アプリが楽しみです。

            と、書いている間に日付が変わって、既に新しい無料アプリがでていました。
            なんと、今日は、私の大好きな”7notes with mazec”手書き日本語入力ノートアプリです!!
            これは凄いですね!まさに、ほしかったアプリでしたので、早速いただきます。
            やっぱり気が抜けませんね(笑)

            暫くは毎日楽しみが続きそうです。期待もこめて。

            ちなみに、"7notes"のmazecでの入力切替は、キーボードからは、「文字」ボタンを長押しして選択するか、ノート本文中で長押しすることで、入力方法を選ぶことができます。







            Nexus7でUSBメモリー、SDカード内のファイルを参照・編集する方法。(有料)

            0

              Nexsus7で、有料アプリを使うことでmicroUSBポートに繋いだUSBメモリーやSDカードにアクセスすることができるようになるということで、早速試してみました。これができると、16GBの制限を気にすることなく、音楽ファイルや自炊した本・雑誌、オーディオブックを入れたUSBメモリーを一緒に持ち歩き、どこでも読みたい本や音楽にアクセスすることができるようになります。

              まずは、有料アプリを準備します。

              Nexus Media Importer 237円 (2012年11月1日時点)

              microUSB HOSTケーブルはAmazon.co.jpで調達。



              USBメモリーは手持ちのものを使用。
              で、接続です。

              1.Nexus7のmicroUSBコネクタに、microUSB HOSTケーブルをつないで、USBメモリーを差込む。
              2.Nexus Media Importerが起動します。

              はい、これだけです。
              これだけで、USBメモリーのファイルを見ることができるようになります。

              また、ファイルを選択した時に画面右上に出てくる「SAVE」アイコンで、ファイルをローカルにSAVEすることができますので、Excelなどのファイルも編集できるようになります。

              1.Nexus7のmicroUSBコネクタに、microUSB HOSTケーブルをつないで、USBメモリーを差込む。
              2.Nexus Media Importerが起動します。
              3.EXCELファイルを探して「SAVE」します。
              4.「ES ファイルエクスプローラー」などのアプリでSAVEしたファイルを探します。
               /sdcard/Download あたりを確認。
              5.ファイルをタップして「OfficeSuite PRO」などのアプリでファイルを編集。

              「Nexus Media Importer」が237円で、ホストケーブルは私が購入した時は送料込みで300円でしたので、500円ちょっとでNexus7でUSBメモリーを使うことができる環境が手にはいりました。

              ちなみに、対応フォーマットはFAT16、FAT32、 NTFS とのことです。








              Nexus7 32GB が悲しい結果に。Google Play で販売開始。16GB版より5,000円高い 24,800円(昨日タイトルより価格訂正)。

              0
                昨日の当記事タイトルの価格表記に間違いがありましたので訂正しました。


                ハリケーンで延期(中止?)となった、Googleのイベントですが、一方で、新製品の発売は開始したようです。日本でも、Nexsus7 32GBがGoogle Playで購入可能となっています。また、Nexus10 16GB,32GB も近日発売との掲載があり、メールアドレスの登録をしておくと入荷時に連絡をしてもらえるサービスが始まっています。


                気になる価格ですが、

                Nexus7 16GB 19,800円 据え置き
                Nexus7 32GB 24,800円

                Nexus10 16GB 36,800円
                Nexus10 32GB 44,800円

                となっています。

                海外では32GBがこれまでの16GBの価格帯で販売され、16GBは値下げされていますが、日本では16GBはそのまま19,800円で、32GBは5,000円高い24,800円になりました。

                Googleがどういう戦略でこの価格にしたのかは分かりませんが、32GBを待っていた人にはちょっと悲しいお知らせになってしまいました。
                iPad miniを検討してみますか?







                Google端末! NEXSUS7 32GB は 16GB と同価格。99ドルタブレット発表?? 249ドル 新Samsung Chromebook 発売。ほぉぅ。

                0

                  Nexsus7 32GB が販売されるとのことで、価格がなんと16GB と同等(同じ)価格とのこと。
                  16GB販売が遅れた日本では、私のように発売と同時に飛びついて購入した人も多いと思いますが、同じ価格となるとちょっと複雑な気持ちですね。
                  日本が在庫処分市場にされたなどとはあまり思いたくないですが・・

                  まあ、そんなことはともかく、32GBが出るそうですので、買おうかどうか悩まれていた方はもう少し待つのが良いと思います。32GBで19,800円は更にお買い得度が増すと思います。
                  (追記)日本でも発売開始されましたが32GBの販売価格は24,800円となったようです。残念です。
                  そんな中で、GoogleはAndroidに関連したイベントを10月29日にNew Yorkで開催するということでメディアへ招待状を出しています。噂では、99ドルの新型Nexsusタブレットを発表するのでは?という話らしいです。

                  買う買わないの話は別として、99ドルと聞くとこれまではたいしたことないだろうと思っていましたが、Nexsus7を出したGoogleだったら!何か良い物がでてくるかも!と思ってしまいますね。ちょっと期待します。まあ、日本での発売はまた後回しでしょうけど。

                  で、更に、ChromeOSのChromeBookが249ドルで発売とのこと。
                  全体の雰囲気、キーボードの感じはMacbook Airのパクリじゃないかと思いつつ、249ドルにまたびっくりです。
                  日本で発売されたら19,800円??
                  名前は、Samsung Chromebookとのこと。

                  スペックはこんな感じらしいです。

                  ・Exynos 5 Dual 5250プロセッサ (2コア 1.7GHz)
                   ARM Cortex-A15コアを採用(Cortex-A9コアに対し2倍近い処理速度と低い消費電力)
                  ・11.6インチ1366 x 768 液晶ディスプレイ
                   高速なGPU、1080p動画の再生対応
                  ・2GB RAM
                  ・16GBストレージ (+100GBのGoogle Driveが2年間無料)
                  ・802.11a/b/g/n デュアルバンドWiFi
                  ・Bluetooth 3.0
                  ・USB 3.0、USB 2.0
                  ・HDMI出力
                  ・SDスロット
                  ・前面VGAウェブカメラ
                  ・ヘッドホン / マイク端子
                  ・重量約1.1kg
                  ・バッテリー駆動時間6.5時間以上

                  ・10秒以内の高速起動
                  ・起動ごとに署名を確認するセキュアブート
                  ・アプリのサンドボックス動作、ユーザーデータ暗号化
                  ・手動のOSアップデート不要
                  ・自動的に同期&バックアップされるクラウドベース動作
                  ・サインオフでプライベートデータはローカルに残らずPCの共有や貸し借りが容易

                  必要性は全くありませんが、土日2回くらい遊びたい!という感じです。






                  秀和システム Studio ノマド著 ”Google Nexus7 オーナーズブック” 本屋さんで見つけ購入。基本的なことが一通り書かれておりました。「Google Now」ってご存じですか?

                  0
                    Nexus7の本が見つかりましたので購入しました。

                    秀和システム Studio ノマド著 Google Nexus7 オーナーズブック
                    1,200円+税

                    Contents
                     Chapter1 Nexus7の基本と使用前の準備
                     Chapter2 Nexus7の操作方法を覚えよう
                     Chapter3 Nexus7の基本アプリの使い方を覚えよう
                     Chapter4 仕事や生活に役立つアプリを使ってみよう
                     Chapter5 Nexus7を楽しく使おう
                     Chapter6 Nexus7を使いこなそう

                    なんでChaper4だけ”Nexus7”で始めなかったの?とか、Chapter5,6のタイトルは、1-4に比べてざっくりした言い方になり中身が分からなくなってるのでは?、と若干Chapterタイトルに突っ込みを入れる準備をしたくなりますが、そんな細かいことはおいておいて、内容はそのままContentsの通り一通りの話が書かれた本になっています。

                    表紙の説明が良いので、転記しますと、

                    日本の最速の解説書登場!
                    基本・便利・時短ワザ
                    大量掲載&全力解説
                    クアッドコア搭載最速タブレット完全図解
                    日本語&Android 4.1対応
                    最強エンターテイメントGoogle Playを楽しむ
                    Google Chromeで快適インターネットを体感しよう
                    「Google Now」「Google+」から
                    「Facebook」「Twitter」まで
                    7インチタブレットの魅力を余すところなく徹底解説

                    ということです。

                    はずかしながら、Nexus7(Android4.1)にはどうやらGoogleイチオシの「Google Now」というものが搭載されているということをこの本を読んで初めて知りました。
                    でも、まだ使い方は良く分かりません(笑)
                    ロック画面で、鍵マークを押すと、上に”google"の文字が出ますが、そこへ指をフリックして持っていくと”Google Now”が起動します。
                    またホーム画面で、ホームボタンを押すと少し上に”google"の文字が出ますので、そこへ同じように指をフリックして持っていくと、こちらも”Google Now"が起動します。
                    起動はします。はい、確かに。
                    でも、で、どうすればいいか、というと良くわかりません。

                    使い込むと育つそもそものアンドロイド(高い知性を持つ人間型ロボット?)ということでしょうか??そうだとすると非常に興味深い実証実験(?)ですね!!








                    Google play の書籍コーナーで無料の”Nexus7 Guidebook”がありました。英語だけれども・・・・103ページあります。

                    0
                      ”Google Nexus 7 オーナーズブック(秀和システム)”を探して本屋さん巡りをしてみましたが出会うことができなかったので、電子版を探していたところ、お膝元のGoogle Playで”Nexus7 Guidebook”を発見しました。

                      英語版しかない?ようですが無料です。
                      日本語版が出ることを期待したいところですが、他の言語のGuidebookは検索されなかったことを考えると期待薄かもしれません。

                      パソコンのブラウザでGoogle playにアクセスして、そのままこのガイドブックを開き、マウスの左ボタンで英文を選択すると、その場で「翻訳」ができる機能がありますので、これを使って読めば英語の勉強にもなるので良いかもしれません(笑)

                      目次(Table of contents)です。
                      1. Get started
                      2. Play & explore
                      3. Make yourself at home
                      4. Make Search personal
                      5. Tune performance
                      6. Enter & edit text
                      7. Connect to networks
                      8. Connect to devices
                      9. Manage accounts
                      10. Secure your tablet
                      11. Accessibility
                      Appendix:Hardware reference





                      スポンサードリンク

                      免責

                      当サイトで知りえた情報で発生したいかなる損害についても当方は責任は負いませんのご了承ください。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM