何度でもiPad2ネタです(?) iPad2ついに国内販売間近か!?

1
 
今朝、既に日課になっているByline(RSSリーダー)を通勤電車の中で見始めたところ、MACお宝鑑定団さんのこんなブログ記事タイトルが飛び込んできました。
「日本の「iPad 2」発売は、特殊な方法で検討されている?」

急いで読むと、
「大手量販店などは、ゴールデンウィーク前に発売を開始して欲しいといった希望を持っているようで、今週中に発表を行って欲しいと要望を出しているようです。」とのこと。

おぉぉぉぉ!!
と、ちょっと興奮。想像がどんどん膨らみます。
なんと、このネタだけで、1日、気分良く仕事ができました。

で、更に帰宅の電車でBylineを見ると、こんどは、

・MACお宝鑑定団 さん

・APPLE BROTHERS さん

・ringo-sanco さん

おおおおおぉぉ!!と並んでいます。

そういえば、私の大好きな「あいぽんだいすち」の姉妹番組?「119Mac」ではXデーは4月25日!と言っていました(言わされていましたの間違い???)。

しかし、これは本格的に楽しみになってきましたね。








無料で倍速速聴できます:「オプション」タグの、メディアの種類「オーディオブック」

1
速聴すると頭が良くなるらしいといわれているそうで、クラブや塾や習い事で忙しい最近の子供を持つ父親としては、子供が見るアニメ番組はHDDレコーダーで録って2倍速で見るようにと指導しています。時間も有意義に使えて頭も良くなるまさに一石二鳥です。

そんな倍速速聴がiPhoneでもできます。

Podcastを聞いていると、画面上にあるスライドバーの右側にある白四角(□)の中に「1X」とあると思いますが、これをタップすると、色が青になり中が「2X」に変わります。もう1回タップすると「1/2X」になります。
実際にやれば直ぐに分かりますが、再生スピードが変わっています。

ミュージックファイルでこれができると、倍速即聴のできあがりですよね。

■倍速ボタンの出し方。
 iTunes側の設定だけで、アプリもなにもなしで、もちろん無料でできます。
 (iTunes10で確認しました)

  1.ミュージックフォルダーにあるファイルを選んで右クリック
   (複数ファイルを選んでも可)
  2.プロパティーを選択
  3.「オプション」タブを開く
  4.「メディアの種類(M):」から、”オーディオブック”を選択
  5.ファイルが「ミュージック」フォルダから「ブック」フォルダに移動
  6.iPhoneと同期して完了

iPhoneの「iPod」からオーディオブックを開くと出てきます。
倍速再生できることを確認してください。









何度でもiPad2ネタです(?) iPhone カメラ アプリ「Camera FX」

1
今日のアプリ紹介。
iPhone カメラ アプリ 「Camera FX」です。

期間限定で無料のようです。お急ぎください。(2011.4.13時点)
Free for a limited time!

9画面分割された画面それぞれに、色々な画像効果がかかった映像がそのまま映し出されています。気に入った効果を選んで、そのまま写真を撮ることができます。

3画面構成で21種類の効果があるようです。
※App Storeのレビューコメントには17種類と記載ありましたが、私が数えてみると21種類ありました。レビューにもあったとおり、Fisheyeは面白いです。

・Light Tunnel
・Dent
・Mirror
・Twirl
・Stretch
・Squeze
・Bulge
・Fisheye
・Glow
・X Ray
・Neon
・Heat Vision
・Pixelate
・Emboss
・Kaleidoscope
・Sepia
・Sketch
・Black&White
・Poster
・Color Fade
・Night Vison

物理的なiPhone用の外付けレンズをつけて写真をとるのも楽しそうですが、アプリでここまでできるとこれはこれで十分楽しめますね。

で、これを見てすぐに思い出したのが、3月にあったアップル キーノート (Apple Keynotes) でのiPad2カメラの紹介です。Scott Forstall上級副社長?がSteave Jobs社長から呼ばれ、iOS4.3の紹介を始め、33分50秒頃からiPad2にインストールされているカメラアプリ「PhotoBooth」の紹介が始まります。で、でてくる画面が、これと同じ、9分割された、それぞれに画像効果がかかった画面。
キーノートを見ているときは、かっこいいなあ、すごいなあ、と感心していましたが、iPhoneには以前からこのアプリがあったみたいですね。画面操作はiPad2の方が画面が大きい分、もう少し使いやすそうで、あと、Appleのホームページで見ると効果名称が日本語で書かれていましたので、狙う効果が分かりやすいです。











文具好きなんです。「ショットノート」を使う。

1

文具好きなんです。
文具好きだから目立って見えるんだと思いますが、最近、文具特集をしている雑誌や文具関連の書籍がたくさん出て、うれしい限りなんです。ただ、文具好きにはたまらない環境なのですが、お金が持ちません。昨日も気づいたら楽天ブックスで「スキルアップ文房具」という雑誌を注文していました。モレスキン、ロディア、ペリカン、ラミー・・・・
先日、iPhoneとの連携ができる「ショットノート」というメモ帳がキングジムさんから発売されたのをご存知でしょうか。発売当日は、Amazonなどオンラインショップでは、売り切れだったり、到着まで2〜3週間だったりとちょっと盛り上がっていました。

※音が出るので注意してください。

私がAmazonに行ったときは既に小さいサイズのものは売り切れていて、中型のサイズがかろうじて2〜3週間待ちで購入ボタンを押せたという状況でした。
結局、その日にたまたま東急ハンズに行くことができ、しっかりと在庫にありつけたので、Amazonの方はキャンセルさせていただきましたが、東急ハンズでもたまたま運よく在庫が届いて並べたところだったとのことでした。

ちなみに最近では普通にジャスコなどでも見かけますね。

この「ショットノート」ですが、実は購入後、1回しか使っていません。それもお試しのため。
改めてこの記事を書くために、上記KING JIMさんのサイトを見て、ああ、便利そう!使いたい!と思ったのですが、実際は、なかなかうまくマッチするビジネスシーンが出てきません。
そもそも、手持ちできるロディアも以前は持ち歩いていたのですが、結局、今ではかばんの中で眠っているか、机の上で電話メモになっていますので、ショットノートもやはり私の仕事場では使う機会がなかったようです。

でも、よくよく考えると、私は常に100枚綴りのA5ツバメノートを持ち歩いており、会議メモなどは全てその1冊に書き込んでいます(年間5〜6冊使用)。これがたまってたまって邪魔になるのですが、捨てれずに残っていますし、やっぱり半年前くらいのものをたまに見返すことがあります。

ということで、キングジムさん、ショットノート2(仮)では、ノートパッド型ではなく、普通のノートをカメラスキャンできるようにしていただけませんでしょうか?

ショットノート2(仮)の私案

 ・切り取り線不要
 ・100枚綴りのA5ノート
 ・ページ番号は最初から印刷(取り込み用)
 ・日付記入欄
 ・読み込み用のiPhoneアプリはOCRで手書き文字認識対応
 ・iPhone読み込み後はPDF化して管理
 ・ノートの大きさ以上の資料を貼り付けたページは 
  はみ出しページマークがあり、チェックを入れると、
  ページ管理は残して、撮影範囲を広げることができる

いかがでしょうか。




スポンサードリンク

免責

当サイトで知りえた情報で発生したいかなる損害についても当方は責任は負いませんのご了承ください。

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM