Bluetooth Wireless Keyboard

1

私のようにモバイルパソコン気分でiPhoneを購入した人は沢山いると思います。
ポケットにはいって、どこにいてもネットにつながる”パソコン”としても、本当にiPhoneは素晴らしいデバイスです。
でも、やっぱりポケットに入るがゆえに、その小ささがネックになることもあります。

その一つが、文字入力だと思います。

若い世代の方であれば、直ぐにフリック入力をマスターし、キーボード並の入力ができるのかもしれませんが、やはり、それなりの年齢になると、せっかく覚えたキーボード入力でなんとかならないものかと思います。

ということで、私は、Wirelessキーボードを使っています。

まさにこの記事も、Wirelessキーボードを使って子供のスイミング教室の待合室で書き込みをしています。

Wirelessキーボードで私がお勧めするのは、アップル純正のキーボードです。
(写真のもの)

小さめのものや、折りたたみ式のものなど、大きめの家電量販店やパソコンショップ、ネット通販を見ると、最近では色々な製品が出ているようです。

が、下記の理由で私は純正をお勧めします。

・純正という安心感。確実に繋がります。
・専用に作られているので、使い方を考えるために思考が中断することがありません。
・他社製品と比較しても安価。
・圧倒的な見た目のセンスの良さ。

実は、iPhoneと同じ大きさのWirelessキーボードを最初に購入したのですが、動機不純で結局今はお蔵入りになっています。
そもそもパソコンと同じように両手でキーボードを打ちたいと思っているところに、それが更にポケットに一緒に入るんだったらいいなあ、と。

結局、親指入力になってしまい、二兎を追う者は一兎をも得ず・・・です。

純正キーボードのBluetooh接続は本当に簡単です。
iPhoneのBluetoothを「設定」ー>「一般」からONにして、キーボードの電源をONにするだけ。




Apple Wirelwss Keyboard






通知を受ける

2

前からあったことに気付かなかっただけなのかもしれませんが、今日25日にアップルのiPad2ページを見ると「通知を受ける」というボタンがありました。
なんと、iPad2の発売をメールで知らせてくれるようです。
早速、携帯とパソコンのメアドを登録!
楽しみがまた一つ増えました。

今回はiPhoneからの投稿です。
で、下の写真はパソコンの画面をiPhoneのJUGEMアプリで撮影したものです。



http://www.apple.com/jp/ipad/features/






Instagramとの連携が簡単に!!!

1
 




iPhoneアプリで大人気のInstagramがJugemブログと
簡単連携できるようになったようです。

Instagram - Burbn, Inc.

上は、私のInstagram写真です。

連携設定、といってもユーザーIDの認証だけですが、
を済ますと、記事エディターでInstagramのボタンが
使えるようになります。
(おっと、今日は、パソコンで書いています・・・)

ボタンを押すと、最新20枚の写真が表示され
「S」「M」「L」のサイズを選んで簡単貼り付けです。

Instagram は App Storeから。









自炊生活しています。

1
 
昨年4月から勤務地の変更があり(私はサラリーマンです)、
電車通勤がはじまりました。

通勤電車+サラリーマン+iPhone= ”英語の勉強” が王道だと
思いますが、戦略?なくはじめたものは3日坊主で終わるのも
王道で、買い込んだアプリは3日もたたずにiPhoneのメモリーの
なかで静かに眠っています。
(これらのアプリの紹介はまた今度しますね)

ところが、こちらはうまくはまったもので、
俗に”自炊”と呼ばれるもので、
ドキュメントスキャナーとパソコンを使ってiPhoneに
本を取り込み、通勤時に、iPhoneで本を読んでいます。

自炊の方法については、ネットで検索するとたくさん出てきますので、
ここでは書かずに、実際に自分で自炊をして、これから始める人の
参考になるのでは?と思ったことを書きます。

■私の自炊環境
・スキャナ:Canon imageFORMULA DR-150
(価格.comで見ると、Amazonが最安値でした)
・パソコン:割愛 WinXPか7だとなんでもいいと思います。
(但し、32bitOSを推奨。私はWin7 64bitですが、
  添付ソフトの動作保証が?)
・裁断道具:カッター、30cmアクリル定規、カッティングマット、
 軍手(全て100円ショップで購入)

■お伝えしたいポイント
1.機材
・色々なサイトを見ると機材の準備だけでめまいがします。
 特に裁断機は価格や置き場所を考えるだけで自分には自炊なんて
 無理!となります。
・なんですが、月に100冊も本を買いますか?
 月に10冊がいい所では?
・というレベルなら、100円カッターで十分です。裁断機なんて不要!
 カッターでさくっと行きましょう。
・Canon DR-150は小さくて持ち運びも簡単です。
 ちょっとお金は要りますが、Amazonでは安いです。
2.iPhoneアプリ
・DR-150でパソコンに添付のソフトを使って取り込むと
 簡単にPDFファイルになりますので、これをiPhoneアプリで
 見ることになります。
・有名なPDFビューアーはGoodReaderです(私も持っています)が
 この自炊本を読むだけなら、”SideBooks"がお勧めです。
・無料です。
・ページめくり方向(右・左)が簡単に選べます。
・ページめくりアニメーションが気持ちいいです。
・ホーム(ファイル一覧)に1ページ目がサムネイル画像に
 なって並ぶので、視覚的にファイル(本)を選べます。
 いいでしょ?
3.その他(私流)
・読んでない本も、どんどん取り込んでます。
・取り込み終わった本はすてます。取り込みもれがありませんように・・・
(ヤフオクで自炊用裁断済み本として売ってる方いらっしゃいますか?)
・ブックオフで105円コミックを買います。日焼けや折れ目も全く
 気になりませんので、購入の幅が広がりました。






スポンサードリンク

免責

当サイトで知りえた情報で発生したいかなる損害についても当方は責任は負いませんのご了承ください。

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM