3月4日は楽天市場でスーパーSALE開催。iPhone、iPad関連商品もお安くなっています。これからお値打ち商品探してみます。

0
     
    テレビでもコマーシャルが流れていましたが、楽天市場でスーパーセール開催中です。
    何が安いのか全く分かりませんが(笑)ごめんなさい。開催中ということで・・・

    ランキングを見ると、やはりケースが人気ですね。着せ替えを愉しむ方が多いということでしょうか。
    私は、4S購入にあわせて買ったストラップ穴のあるTunewearのケースをずっとつけており、着せ替えを愉しむことはほとんどありませんが、雑誌などを読んでいるとこれでもかというくらいのケースの紹介がありますね。
    でも、本当はみんなもそうなのかもしれませんが、保護シートも含めて何もつけない形で、キズもつかずにずっと綺麗に使えるとそれがいちばんいいんですよね。

    で、Nintendo ゲームボーイ風(ライセンス受けていないと思われます)のケースがランキングされていました。Saleで半額の600円(税込)+メール便160円(3月4日 16:50時点)。ネタとして使うにはお手ごろな値段になっています。


    また、バッテリー付きのケースも人気のようです。




    MicroSDHC 32GB が送料込みで 2,200円で売られていましたので参考に。
    iPhone、iPadでは使えませんが、Amazonでも送料込ではこの価格を切ったものは見たことがありませんので。使う予定のある方は購入されると良いのではないかと思います。
    【CLASS4】


    【CLASS10】は3,280円(税・送料込)


    では、ゆっくり見てきます。







    Canon DR-150で自炊中。自炊時間の目安計測と重送対策について考える。

    0

      年末年始の長期連休で購入した本の自炊を始めました。
      以前から自炊生活を続けていますが、先日、1冊の自炊に何分くらいかかるもんなんですか?との質問をもらったのですが、実は1度も時間を気にしたことがないことをその時に気づきました。
      そこで、目安程度の時間は知っておこうと、今回は時計を見ながら自炊をしてみました。

      私の自炊の手順は、
      1.本を解体する。(表紙と本文を分離:カバー・表紙はスキャンしません)
      2.糊付け部分をカッターで切切りやすくするため、数十〜百ページ程度の厚さで分割。
      3.1−2をその日自炊する本の数だけ繰り返す。
      4.カッターで糊付け部分の淵を切り落とす。できるだけ余白を小さく(捨てる部分を広く)し、糊付け部部が本体ページに残らないようにする。
      5.4を繰り返す。
      6.1冊ずつスキャン。紙の厚さを見て、セットするページ数を決めて、1セットごとにペラペラめくって、糊付けの残りページがないこと確認してからセットしてスキャン。
      7.デスクトップへpdf形式で「著者名+署名」のファイル名で保存。
      8.6−7を繰り返す。
      9.全ファイルをSugarSyncのフォルダへ。
      10.バックアップとしてSDカードにもコピー、
      という具合です。

      で、6の時間を計ってみましたので紹介。
      きっちり、しっかりではなく、普段通りの手順です。

      環境:
       スキャナーはCanon DR-150、USBは2ポート接続。
       スキャンソフトは標準添付のものを使用(CaptureOnTouch)。

      スキャンの設定は2種類で計測。
      (A)1つは、表紙のカラーページだけ別スキャンして、グレースケール(スキャン時間が早い)で本編をスキャン。後から、フリーのPDF結合ソフト(ConcutPDF)でファイルを結合するパターン。
      (B)もう1つは、カラー/白黒を自動検知しながらスキャンする方法です。

       (A)300dpi 両面スキャン カラー白黒検知 4ページ + グレースケール264ページ
        計測時間: 開始12:03 - 終了12:13 10分
        1セット 25枚 50ページずつで スキャン

       (B)300dpi 両面スキャン カラー白黒検知 232ページ
        計測時間:開始9:28 - 終了9:45 17分
        1セット 30枚 60ページずつでスキャン

      本の解体+カッターでカットする時間を考えると、大体1冊15〜20分かかるようです。
      結構かかりますね。

      大抵は何かしながら自炊するので、まるまるこの時間がなくなる訳ではありませんが、結構手間はかかりますので、やはり好きな人向きの作業と言えるかもしれません。ただ、スキャン代行業者が訴えられているという話もどこかで読みましたので、電子書籍もまだまだ本流にならないうちは、ここ何年かはまだまだ頑張って自炊するしかないのかもしれません。

      DR-150付属のスキャナーとスキャナーソフトで困るのが「重送」の問題です。「重送」は複数ページが1度にスキャンされてしまいページ飛びが発生することです。
      付属ソフトでは、続けてページを読み込ませ、1つのファイルに保存する機能はありますが、途中のページをあとから読み込ませたり、ファイルの順番を変える機能はありません。途中でページが飛ぶと、最初からスキャンをしなおすことになってしまいますので、この重送が出ないように気をつける必要があります。
      ソフト的?には、ページに5cm以上のずれがあると重送とみなしエラーになる機能があるという記述を見つけましたが、5cmも差が出るのであれば、紙送りエラーとなっていそうです。

      ということで「重送」対策について考えました。

      ・機械的な対策としては、紙送りをスムーズにする”分離パッド”を常に状態の良いものにするということが考えられます。但し、コスト面での負担が大きいのが難点です。折角廉価版のスキャナを購入しているのに、この”分離パッド”は2,000円以上します。しかも、耐久性もそれほど高くなく、確か何十冊か自炊すると交換するようにアラームが出たような気がします。というのも、交換したことがないので、直ぐに交換のアラームが出てびっくりしたのは覚えているのですが、いつ頃アラームが出たのか正確には忘れてしまいました(笑)
      ・ソフト的な対策としては、1冊全て読み込ますことはせず、1セット数十ページ単位にスキャン&ファイル保存をし、「重送」が出てしまったセットはもう1度最初から読み込ます。その際に、1セット何枚かをきっちり決めておいて、スキャン中のページ送りのチェックはせず、読み終わった際のスキャンページ数を確認するようにし、結果だけで良否を確認し、自炊作業を片手間作業にします。最後に、ファイルを結合すれば完成です。
      ・1セットごとの保存が面倒な場合(私もそうですが)は、本を切り離す際にできるだけ糊付け部分から遠いところで(余白を作らないように)切り取る。スキャン前にお札を数えるようにページをずらして、糊付けしてあった側がしっかり分離しているかを1枚ずつめくって確認してからセットする。という手順をお薦めします。この二手間で、分割保存の面倒から逃れられることが多いです。(重送とは関係ありませんが、最初と最後のページだけ糊付け部分が広くここに合わせると逆に文字まで切れてしまうことがありますが、この最初と最後のページだけは、本編と同じ大きさに切り取らず、別にこのページだけ都合の良い大きさに切り取ると、綺麗に切り取れると思います)それでも、「重送」した場合は、PDFの分割・結合ソフトで対応します。









      明けましておめでとうございます。(少し遅くなりましたが)

      0
        今年もよろしくお願いします。

        香川県の高松市に来ています。
        ULTRA WiFi 持って来たのですが、どうも思ったほど電波状況が良くありません。
        家の中ではMAINのSOFTBANK回線が辛うじて繋がるという状況でSUBのe-Mobileは全く繋がらずといった感じです。屋外で使うともう少し違うのかもしれませんが。

        ということで、本年もぼちぼちApple?Androidネタを書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。








        2011年12月23日(金) NHKスペシャル「世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ(仮)」放映されます。

        0

          12月23日(金)にNHK G のNHKスペシャルでスティーブ・ジョブズの特集番組「世界を変えた男 スティーブ・ジョブズ(仮)」放映されるとのこです。気になる方はまずはビデオの予約を。


          放映時間
           12月23日(金) 午後10:00〜10:49

          (NHKホームページより)
          番組では、養子に出された生い立ちや、アップル社から一時追放されるなどの経験が、いかにして彼の人間性を構築する原動力となったのか。そして、ジョブズ氏が追い続けた理想の社会や未来とはどのようなものだったのか。家族や友人、同僚やライバル、さらにジョブズ氏の伝記の著者で最期の日々に立ち会ったアイザックソン氏などを通じ、“世界を変えた男”スティーブ・ジョブズの知られざる素顔に迫る。

          またこの放送に続き、BS1で、
           ・12月29日(木)午前00時00分〜00時50分には、BS世界のドキュメンタリーで「スティーブ・ジョブズ 〜カリスマの素顔〜
           ・来年1月7日(土)午前00時00分〜00時49分には、ドキュメンタリーWAVEで「スティーブ・ジョブズの子どもたち
          という番組が放映されます。

          わたしの家ではNHKのBS契約をしていないので、残念ながらBS1の番組は見ることができませんが、12月23日(金)のNHKスペシャルは是非見たいと思います。







          今度こそ、あの「iPadバカ」「iPhoneバカ」の著者である、本当の美崎栄一郎さん(@a16misaki)にお会いしました!

          0

            以前、Google+で美崎栄一郎さんのページを見つけ「iPhoneバカ」執筆中の話題を紹介させていただき、先日はその発売された「iPhoneバカ」の読了所感をアップさせていただきましたが、なんと、本日は、その美崎栄一郎さんご本人の講演会が名古屋であり、私も参加させていただきました。


            美崎さんの著書を読ませていただき、「iPadバカバカ」という「iPadバカ」の追加特典PDFをダウンロードさせていただいたところから、今回の講演会の案内メールをいただき参加することができました。参加の申し込みはFacebookのイベントページで行いましたが、公開イベントとなっていましたのでこういった案内がない方でも参加できたのかもしれません。

            講演会の後に、参加者同士のグループディスカッションがあるという形で、こういったセミナーは初参加でしたので、ディスカッションの方は初めの方は非常に緊張してしまいましたが、直ぐに楽しくお話をすることができました。

            美崎さんの講演内容はネタばれになるといけないので割愛させていただきますが、iPhoneとiPadをプロジェクターに写してその場で実演しながら話をされたり、話をふっと横道にそらして笑いをとったりと、初めから終わりまで興味深く楽しい話がずっと続き、あっという間の1時間の講演でした。

            また、Facebookのイベントページに「iPhoneバカ」を持ってきてくださいとありましたので持っていったのですが、私は既に「iPhoneバカ」は自炊済みになっており裁断後の本に輪ゴムをかけて持っていっていました。グループディスカッションになり、美崎さんが各グループを回られて個別の話をしていただいたのですが、その際に「iPhoneバカ」へのサインをしていただけるとのことで、自炊本だと失礼だと思い、もう1冊準備していた『「結果を出す人」の手帳の秘密(美崎栄一郎著)』の方にサインをお願いしてみたところ、快くサインしてくださり、また、自炊後の本にも、切り取られたページ(スティーブ・ジョブズの言葉が印刷されたページ)を抜き出し、サインをしていただけました!!!

            非常に楽しく有意義な時間を過ごすことができました。美崎さん、運営者の皆様、参加者の皆様に感謝です。ありがとうございました。


            ------








            番外編 バーンズ・アンド・ノーブルの電子書籍タブレット「NOOK COLOR 2」11月7日に何かが!?など、

            0

              iOSネタではありませんが。
              Kindle Fire を買うつもり満々だったところに、海外発売にあまり現実味がないような話を見てからは、少し熱が冷めていたのですが、レノボの”IdeaPad Tablet A1”の記事を見たり、この”NOOK COLOR2”の話を読んだりすると、なにか違うところで物欲がふつふつと出て来たようです。

              「米書店大手バーンズ・アンド・ノーブルの電子書籍タブレット「NOOK COLOR 2」に関する何らかの発表が11月7日になされるようです」
              との記事。

              Kindle Fireを見るまではAndroid タブレットには全く興味を持っていなかったのですが、Kindle Fireをきっかけに、Ideapad Tablet A1に興味をもったり、このNOOK COLOR 2も気になったりしています。英語の本は読めませんが・・・(NOOK COLOR 2は Android 搭載とのこと)

              NOOK COLOR 2がどのような仕様で何がどこまでできるタブレットなのかはまだ分かりませんが、Ideapad Tablet A1の方は、発売間近の商品です。

              Ideapad Tablet A1は10月末発売予定が延期になっており、現在11月9日発売予定となっているようです。延期の理由が良くできていて、想定以上の注文で生産調整が必要なためという、良く分からない理由ですが、この世界不況の中ではなかなか聞くことができない理由になっており、うまい具合にその勢いを見せつけてくれています。

              Ideapad Tablet A1の一番の魅力はやはり価格です。楽天などの予約価格を見ても最安値では、17,745円と破格の安さです。Amazonでも、17,998円。これだと失敗しても良いような気になりますね。

              個人的な理由も含めてKindle FireとIdeapad Tablet A1を比較すると、Ideapadに見劣りする部分がそこそこあるのですが、それでも安くて日本で直ぐに(?)手に入ることを考えると年末にかけて手に入れたい1アイテムとなるかもしれません(笑)

              ちょっと、横道にそれてしまいますが、クリスマス前のボーナスをにらみながら、Androidタブレット購入の可能性をさぐってみようかと思ったりしております・・・








              新しいiPhone4Sでアプリを購入したらAPPLE ID不正使用された時と同じようにアラームメールがきていました。えらい!

              0

                新しいiPhone4Sで、アプリの購入をしたところ、APPLEから例の、

                「これまで Apple ID ***** に登録されたことのないコンピュータまたはデバイスから、この Apple ID を使ってApp Store で ***** が購入されました。」

                とメールが届いていました。
                メールを見た瞬間、ドキッ!としましたが、まさに、新しいデバイスでの購入です。APPLEさん、正解!

                「ご購入がご本人様によるものである場合は、このメールへの対応は必要ありません。このメールは、ご本人様によるご購入である事を確認する為に送信されています。」

                確認しましたよ!ありがとう!

                ちなみに購入したアプリは、これです。








                カルワザクラブで iTunesカード 3,000円×2枚 購入しました。

                0

                  カルワザカード 3,000円 × 2枚 = 5,000円 買っちゃいました。

                  先日APPLE IDを不正利用されたばかりですが、家族にiPhone利用者が増えたこともあり、先々のことを考えて購入しておくことにしました。このままKindle Fireの日本発売情報がなければ、給料日(お小遣い日)明けにも、もう2枚ほどキープしたいところです。

                  ちなみに、先日、ローソンで購入したiTunesカードのPontaポイント還元は無事に2枚分ともに入っていました。先日、このローソンカードの話を書きますと書いたので少しだけ。

                  ローソンポイントは、ローソン店頭で”お試し引換券”を発行できとてもお得です。


                  例えば、アサヒビール クリアアサヒ(500ml/197 円(税込)) が50P(先着10,000名)で引き換えができます。お試し引換券は店頭で1日2枚まで発行できます。
                  お試し引換券の商品だけもってレジに行くのは気が引けて何か一緒に買ってもらうことをった企画だとは思いますが、お試し引換券だけ使って帰れる方でローソンの近くに住んでいる方には非常に良い話だと思います。
                  (iTunesカードでのポイントバックキャンペーンが今後あるかどうかは分かりませんが)







                  番外編:Kindle Fire 果たして海外展開の計画はありや?

                  0

                    別途アプリ紹介もしたいと思いますが、最近iPhoneに導入した「1Topi」というアプリの中で紹介されていた、Kindle Fireに関するブログ記事が非常に参考になったので、みなさんとシェアさせていただきたいと思います。

                    ■「1Topi」アプリはこちら(無料です)


                    ■参考になったブログはこちら

                     英語学習とスマートフォン開発 Kindle Fireの日本向け情報のまとめ


                    実際にサイトのページをみていただくのが一番良いと思いますが、勝手に要約させていただきますと次の通り。

                    ・Kindle Fireの超速ブラウジング機能、Silkはサーバがアメリカにありそうなので日本では距離の問題があり超速で使えない可能性がある。
                    (私も心配しましたがやっぱりといった感じ)

                    ・Kindle Fireの保存容量が8GBしかなく、アメリカAmazonで購入したものしかCloudに保存できないとなると日本人には使い勝手が非常に悪い。
                    (APPLEのiCloudでも日本の著作権が問題になっているようですので、同じ問題が出そうです)

                    ・米国アマゾンのフォーラムでWi-Fiのシグナルがアメリカ国内のものではない場合、Wi-Fiを認識しないと書かれているようです。真偽は定かではないようですが、事実だとすると転送業者などを使って入手しても日本からではインターネットは一切使えないということになります。
                    (円高の恩恵をうけるために一度転送業者を使ってみたいと思っており、Kindle Fireで挑戦してみようかと思ったりしていましたが、危ないところでした)

                    → 結果:もう少し様子見をするのが良さそう。

                    結構気持ちが盛り上がって通勤中に使っているところまでイメージしていたので、ちょっと現実に戻された感じになりました。
                    確かに海外展開の話は具体的には何も出ていなかったように思いますので、このまま海外展開については何の音沙汰もないままアメリカで発売され、アメリカ国内で大人気となるかもしれませんね。と、言われてもちょっとしらけてしまいそうですが。

                    まあ、グローバル企業がそんなことで終わるわけもないと思いますので、今後の動きに期待しましょう!







                    スティーブ・ジョブズさん。ありがとうございました。

                    0

                      ありがとうございました。
                      言葉が見つかりません。

                      ありがとうございました。




                      スポンサードリンク

                      免責

                      当サイトで知りえた情報で発生したいかなる損害についても当方は責任は負いませんのご了承ください。

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM